トップページ »  » ゴールドカードのルーツ

ゴールドカードのルーツ

そもそもクレジットカードが生まれたのは1950年。
アメリカはニューヨークで、ある実業家がレストランで
食事をし、いざ支払いをしようとした時に財布を忘れてきたことに気づきました。
このことがきっかけとなり、彼は現金を持ち歩かなくても食事のできるシステムを考えだし、1950年に世界初の
クレジットカード会社を設立しました。
アメリカでクレジットカードが誕生してから10年後、昭和35年12月にアメリカの
クレジットカード会社と日本の銀行などの提携により
日本初のクレジットカード会社が設立されました。
さらに昭和36年から、銀行系クレジットカード会社が相次いで誕生しています。 
ここ数年の間に、航空会社、ホテル、石油会社、大手デパートなど
大手の流通系企業や運輸系企業がこぞってクレジットカードを発行しています。
カードを発行することにより顧客の定着を目指していると言えるのです。
また、定着した顧客に対してポイントやマイルで還元するなどの様々な楽しみを与えています。
今や生活のには欠かせないアイテムの一つとなっているクレジットカード。
現在ではそのクレジットカードにいろいろなランクが付けられています。
スタンダード・ゴールド・プラチナ・ブラックと言う所が有名です。
思った以上に普及しているゴールドカードとは...少し調べてみました。